ダイエットを決意したら読むブログ

ヘルシーフードアドバイザーの食事・運動・正しい知識で「健康な身体」をつくるために読んでほしい話

ダイエットにおける夕食の摂り方で大事なこと2つ

 

夜遅くに食べても太らない!?

 

 

f:id:hf-manager:20170815190918j:plain

 

 

夕食を遅い時間に摂ると太りやすいと言われています。

 

 

これはダイエットをしている人だけでなく

ほとんどの人における共通認識だと思います。

 

 

このことから

「ダイエット中は早い時間に夕食を済ませないと・・・」

というふうに考え行動に移している人も多いと思いますが(夜6時以降は食べないなど)

社会人として働いている方にとってはかなり難しいことでしょう。

 

 

仕事を終えて電車で家に帰り、一息ついたらもう10時。

 

 

みたいな状況も今や珍しくない時代です。

 

 

いくらダイエット中とは言え夕食は食べたいでしょうし

そもそも1日3食は人間の基本です!

 

 

ダイエットの中でも判断の難しい『夕食の摂り方』について簡単にですが書いていきます!!

 

 

 

f:id:hf-manager:20170815192255j:plain

 

 

 

1. 夜遅くに食べると太る理由

 

たとえば就寝が24時の人が23時にカツ丼を食べたとします。

 

夕食後1時間しか活動しないにも関わらず糖質を含む食品を食べると、体内に残っているブドウ糖が余ってしまいます。

 

その余ったブドウ糖は大量に糖質を摂取して分泌されたインスリンによって脂肪へと変えられ体脂肪になります。。

 

 

つまり

遅い時間に夕食をとれば就寝までの時間も短くなるので消費も少なくなり、ブドウ糖はあまりやすくなると言えます!

 

なので夕食を遅い時間にとると太るのです。

 

 

 

 

 

2. 2つの大切なこと

 

上の文章を読んで気づいた人もいるでしょう。

 

ダイエットにおける夕食の摂り方で大事なことは2つ。

1つは何時に食べようと糖質を含んでいると太る

2つめは糖質を含んでいなければ何時に食べても太らない

ということです!!

 

 

 

残業などで帰りが遅い時に夕食を抜いていませんか?

 

糖質制限食であれば抜く必要はありません!

 

 

 

 

まだ早い時間だからといってご飯やパスタなど糖質の多いものを食べていませんか?

 

時間は関係ありません!

 

 

 

 

 

夕食というのは1日の最後の食事です。

多少のお酒も飲んでいいですし、ダイエットをしていない人はバランス良く栄養素をとってキチンと食べましょう(^^)

 

糖質制限ダイエット中の人も肉や魚、野菜などお腹いっぱい食べて食事を楽しんでください(^^)

 

 

 

こちらの記事も参考にしてください

hf-manager.hatenablog.jp