ダイエットを決意したら読むブログ

ヘルシーフードアドバイザーの食事・運動・正しい知識で「健康な身体」をつくるために読んでほしい話

健康にいいイメージのある果物がダイエットに与える影響とは?

 

 

果物は太る???

 

 

f:id:hf-manager:20170725202828j:plain

 

 

ダイエット(減量)に重要なのはいかに糖質をとらないかというのは以前の記事でも書きました。

 

 

しかし健康にいいイメージのある果物はどうでしょう?

果物には果糖という甘さのもとになる糖質が入っています。

 

 

この糖質をあまくみて果物を取りすぎると

「健康的な食事をしてるのになんで体重が減らないんだろう?」

ってことになってしまします。

 

 

今回は果糖について書いていきます!

 

 

 

 

 

1. 果糖を知る

 

果糖は体内に摂取されると肝臓にいきます。

しかしそこでは20%ほどしかブドウ糖に変換されず、残りはそのまま血液を巡ります。

そのため血糖値がそれほど上昇しません。

これを「低G.I食品」といいます。

hf-manager.hatenablog.jp

 

 

上の記事でも書いたように果糖を含む果物はダイエット向きの食材ということになります。

 

 

しかしここで問題がひとつ。

摂取した果糖のほとんどは体脂肪になります!

 

 

朝ご飯として果物を食べたり、はちみつを入れたスムージーなどの一見おしゃれで健康的な食事は実は、ダイエッターとしては絶対やってはいけないことだったんですね!

 

ただでさえ朝は血糖値が上がりやすい状態。

 

そんなことを長期間続けていると高血糖や肥満症を引き起こす(または維持する)原因となってしまいます。

 

 

 

なので糖質制限ダイエットをする際は果物も控えるようにしてください!

 

 

 

 

 

 

2. 果糖ブドウ糖液糖を知る

 

果糖ブドウ糖液糖とはとうもろこしのでんぷんを人工的に果糖とブドウ糖に作り変えた(分解し異性化)もの。

 

 

とても安価で甘みがあり美味しいため大量に普及しています。

あなたが普段食べているお菓子や飲み物にはほぼ入っているでしょう・・・(ビックリするぐらいの確率で入ってます。)

 

 

言わなくてもわかるとおりこれも立派な糖質です。

しかもこれは自然にあるものではなく人間が作り出した糖質。(別名:異性化糖)

 

とくに気をつけたいですね!

 

 

f:id:hf-manager:20170725211128j:plain

 

 

 

 

ダイエットしている人は太らないために果物を食べないほうがいいのか?

それとも健康のために食べたほうがいいのか?

 

非常に悩みどころだと思います。

 

果物にはビタミンや食物繊維が豊富に含まれていて美容にいいのはみなさんご存知の通り。

どっちをとるかを選ばないといけません。

 

自分の目的はなんなのか?

 

しっかりと意識して食べるものを選んでください(^^)

 

 

 

 

このような難しい判断を僕が行うダイエットのコーチングではいっしょに考えながらやっていきます!

正しい知識をつけながら徐々に痩せにくい身体を作りましょう!!

 

hf-manager.hatenablog.jp