ダイエットを決意したら読むブログ

ヘルシーフードアドバイザーの食事・運動・正しい知識で「健康な身体」をつくるために読んでほしい話

糖質制限食の実践方法

 

正しい糖質制限ダイエットのやり方

 

 

f:id:hf-manager:20170721202408j:plain

*ある日のお昼ご飯。これだけでお腹いっぱいです。

 

 

 

僕も実践している糖質制限(正確にはプチ糖質制限でダイエット目的ではないですが)ダイエットの正しいやり方を教えます!

 

 

よく

糖質制限は危険だ!」とか

「糖質をとらないと頭がぼーっとするからダメ」みたいなことを聞きます。

 

 

なにもわからない人はその言葉で不安になって糖質制限に踏み出せなくなってしまいますよね!

今回はその

『ちょっとよくわからない糖質制限ダイエット』

を詳しくみていきたいと思います!

 

 

 

 

1. そもそも糖質を取らない理由

 

人が太る時というのは血糖値があがったときに分泌されるインスリンの作用が原因です。(肥満ホルモンとも言われています)

そして糖質以外の栄養素である脂質・タンパク質・食物繊維・ビタミン・ミネラルには血糖値をあげる機能はありません。

 

つまり糖質を控えれば血糖値は上がらない=太らない

 

ということから糖質制限ダイエットは正しいダイエットであると言えます(^^)

 

 

 

 

2. 糖質制限食のポイント

 

 

f:id:hf-manager:20170721202356j:plain

*ある日のお昼ご飯。卵は必須です。

 

 

基本的には普段食べている食事から糖質、つまりご飯・パン・麺類を抜けばいいことになります。

 

しかしここで問題なのはただ抜くだけではダメということです。

 

 

ただ糖質だけを抜いた食事をするとカロリーが足りなくなります。

カロリーとは人が活動するためのエネルギーですから足りなくなると頭がぼーっとしたり、風邪をひきやすくなったり、運動効率が落ちたりします・・・

 

そうならないために糖質を減らした分、そのほかのおかずを増やすのです!

 

 

目安としては単純に倍の量

脂質やタンパク質はいくら食べても太らないのでこいつらでカロリー(エネルギー)を摂取しましょう!

 

 

 

 

 

3. 気をつけるべき糖質

 

僕たちが食べているものの中には気がつかないうちに糖質が結構入っているものがおおくあります。

主食はもちろんダメ!

ご飯・パン(粉製品)・麺類など。

 

ほかには根菜(ジャガイモ、人参、かぼちゃなど)や果物(とくにバナナ)はダメですし、お菓子やケーキ、ジュース類は絶対ダメです!!(僕はたまに食べてます。)

 

本気で糖質制限ダイエットに取り組むのであれば上にあげた食品とは距離を置かなければなりませんね・・・

 

 

 

 

 

4. どうしてもご飯が食べたくなったら・・・

 

 

どうしてもご飯が食べたくなった白米を少しだけ・・・ではなく

チャーハンにするなどしてタンパク質や脂質を補い、いっしょに食べてください!

 

白米だけを食べるよりタンパク質や脂質を加えて食べたほうが血糖値のピークを低くおさえることができます。

 

カロリーは増えますが血糖値の上昇が穏やかになります。

 

 

なぜこんなことをするかというと

糖質制限の本質は

いかに血糖値をあげないか

あげたとしても

いかにゆっくりあげるか

にかかっているからです!!

 

 

 

 

 

 

以上4つのポイントを守って正しい糖質制限ダイエットをしてみてください(^^)

 

僕がコーチングするダイエットプランではもっと詳しくとりあげてます!

人間の身体の仕組みを理解した上で行う減量法なので間違いなく結果がでます。

 

真剣に取り組みたい方

もしくは周りにそういう方がいればぜひ紹介してみてください!

詳しくはこちら↓

hf-manager.hatenablog.jp