ダイエットを決意したら読むブログ

ヘルシーフードアドバイザーの食事・運動・正しい知識で「健康な身体」をつくるために読んでほしい話

ダイエットに重要な『G.I値』とは?

 

G.I値を意識すれば糖質も怖くない!!

 

 

 

f:id:hf-manager:20170716185618j:plain

 

 

 

G.I値という言葉。

ダイエットすることが日常になっている今では聞いた事がある人も多いと思います。

 

 

G.I値とはグリセミック・インデックスの略で、簡単にいうと

「摂取した食品が体内で糖に変化したときに上がる血糖値の上昇スピード」

のことです。

 

 

ブドウ糖を摂取したときの値を100として

各食品に数値があります。

 

 

他の記事でも書いているとおり

ダイエットにおいて血糖値があがるとインスリンが分泌され、結果太る。

という流れがあります。(少しはしょりましたが)

 

 

だから血糖値をあげないようにダイエット中は糖質(血糖値をあげる原因になる栄養素)をとらないようにするんです!

しかし同じ糖質といってもさまざまで、血糖値があがるスピードによっていい糖質と悪い糖質( 身体にという意味ではありません)があります。

 

 

高G.I食品は血糖値を一気にあげるのでインスリンが急速に働き一気に血糖値がさがります。

そうなると脳はまた糖質を欲します。

さっきお腹いっぱい食べたはずなのに・・・

 

 

このせいでまた糖質を欲し、食べ、インスリンを分泌する・・・

 

この悪循環にはまるともう太る一方!

気付いたら肥満体型の仲間入りです・・・

 

 

 

 

 

低G.I値の食品を摂取しよう!

 

 

f:id:hf-manager:20170716194338j:plain

 

 

炭水化物(糖質)が食べたい・・・

その気持ちは痛いほどわかります!!

でもダメなんです!!

糖質はダイエット中、あなたにとって一番の敵!!

控えましょう・・・(泣きながら書いてます)

 

 

じゃあどうすればいいんだ?

そこで注目するのが低G.I食品です。

 

 

糖質であることには変わりありませんが、血糖値の上昇が緩やかなのでダイエット中にどうしても食べたくなったらこいつらを食べてください!

 

 

 

炭水化物

・玄米

ライ麦パン

・全粒粉のパスタやパン

・そば

・春雨 など

 

野菜類

・きのこ類

・キャベツ

・ピーマン

・茄子

・きゅうり

・ほうれん草 など

 

果物類

・アボカド

・いちご

・グレープフルーツ

・オレンジ

りんご など

 

肉類・魚介類

・基本なんでもOK!!

 

その他

ヨーグルト・卵・枝豆・ナッツ類・豆腐・あさり・イカ・マグロなど

 

 

 

 

僕も普段はこのあたりの食材を中心に使って食事を作っています。

 

でも大切なのはバランス。

僕は週に1回は寿司やピザなど太るであろう料理もたべてますし、飲み会に参加しておつまみを食べたり、お菓子をたべっちゃったり・・・

 

 

低糖質ダイエットはツライです。

長く続けるには息抜きも大切だということを覚えておいてください(^^)

 

 

 

 

そして低G.I値の食品は必ずしも太らないというわけではないことも忘れないでください!

確かにダイエット向きの食材です。

でもそれを過信しすぎて大量に摂取しては意味がありません。

 

なにごともバランス!

身体にいい食品はありません。

あるのは身体にいい食事。

 

 

 

これを意識してダイエットに励んでください(^^)

 

hf-manager.hatenablog.jp

 

 

ライザップ糖質量ハンドブック

ライザップ糖質量ハンドブック