ダイエットを決意したら読むブログ

ヘルシーフードアドバイザーの食事・運動・正しい知識で「健康な身体」をつくるために読んでほしい話

糖質制限食の実践方法

 

正しい糖質制限ダイエットのやり方

 

 

f:id:hf-manager:20170721202408j:plain

*ある日のお昼ご飯。これだけでお腹いっぱいです。

 

 

 

僕も実践している糖質制限(正確にはプチ糖質制限でダイエット目的ではないですが)ダイエットの正しいやり方を教えます!

 

 

よく

糖質制限は危険だ!」とか

「糖質をとらないと頭がぼーっとするからダメ」みたいなことを聞きます。

 

 

なにもわからない人はその言葉で不安になって糖質制限に踏み出せなくなってしまいますよね!

今回はその

『ちょっとよくわからない糖質制限ダイエット』

を詳しくみていきたいと思います!

 

 

 

 

1. そもそも糖質を取らない理由

 

人が太る時というのは血糖値があがったときに分泌されるインスリンの作用が原因です。(肥満ホルモンとも言われています)

そして糖質以外の栄養素である脂質・タンパク質・食物繊維・ビタミン・ミネラルには血糖値をあげる機能はありません。

 

つまり糖質を控えれば血糖値は上がらない=太らない

 

ということから糖質制限ダイエットは正しいダイエットであると言えます(^^)

 

 

 

 

2. 糖質制限食のポイント

 

 

f:id:hf-manager:20170721202356j:plain

*ある日のお昼ご飯。卵は必須です。

 

 

基本的には普段食べている食事から糖質、つまりご飯・パン・麺類を抜けばいいことになります。

 

しかしここで問題なのはただ抜くだけではダメということです。

 

 

ただ糖質だけを抜いた食事をするとカロリーが足りなくなります。

カロリーとは人が活動するためのエネルギーですから足りなくなると頭がぼーっとしたり、風邪をひきやすくなったり、運動効率が落ちたりします・・・

 

そうならないために糖質を減らした分、そのほかのおかずを増やすのです!

 

 

目安としては単純に倍の量

脂質やタンパク質はいくら食べても太らないのでこいつらでカロリー(エネルギー)を摂取しましょう!

 

 

 

 

 

3. 気をつけるべき糖質

 

僕たちが食べているものの中には気がつかないうちに糖質が結構入っているものがおおくあります。

主食はもちろんダメ!

ご飯・パン(粉製品)・麺類など。

 

ほかには根菜(ジャガイモ、人参、かぼちゃなど)や果物(とくにバナナ)はダメですし、お菓子やケーキ、ジュース類は絶対ダメです!!(僕はたまに食べてます。)

 

本気で糖質制限ダイエットに取り組むのであれば上にあげた食品とは距離を置かなければなりませんね・・・

 

 

 

 

 

4. どうしてもご飯が食べたくなったら・・・

 

 

どうしてもご飯が食べたくなった白米を少しだけ・・・ではなく

チャーハンにするなどしてタンパク質や脂質を補い、いっしょに食べてください!

 

白米だけを食べるよりタンパク質や脂質を加えて食べたほうが血糖値のピークを低くおさえることができます。

 

カロリーは増えますが血糖値の上昇が穏やかになります。

 

 

なぜこんなことをするかというと

糖質制限の本質は

いかに血糖値をあげないか

あげたとしても

いかにゆっくりあげるか

にかかっているからです!!

 

 

 

 

 

 

以上4つのポイントを守って正しい糖質制限ダイエットをしてみてください(^^)

 

僕がコーチングするダイエットプランではもっと詳しくとりあげてます!

人間の身体の仕組みを理解した上で行う減量法なので間違いなく結果がでます。

 

真剣に取り組みたい方

もしくは周りにそういう方がいればぜひ紹介してみてください!

詳しくはこちら↓

hf-manager.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

 

仕事依頼はこちらから

 

ヘルシーフードアドバイザーとしての仕事

 

僕のブログをご覧になっていただいてありがとうございます!

フレンチレストランのオーナーシェフとして

ヘルシーフードアドバイザーとして

僕が普段どんな活動・仕事をしているかはこちらにすべて記してありますので

参考にしてください!

 

 

♦️仕事内容♦️

 ①食生活の改善と適度な運動で内側から美しくなるためのアドバイス

現代の日本は食べ物に溢れ、快適に生活できるようなインフラが整っています。

その中で自分で取捨選択しながら生きていかなければいけません。

コンビニ食ばかりで運動をまったくしていなければ将来ほぼ確実に生活習慣病になる恐怖と戦う事になります。

そんな不安を取り除くためには正しい食習慣と適度な運動が不可欠です。

 

そのために必要な知識と生活習慣をアドバイスさせていただきます。

 

1. 短期コース (1ヶ月) 6000円

指定日に面談1回(具体的なアドバイスはここで)のあと電話やメール、メッセージアプリなどで1ヶ月間何度でも相談が可能です。

 

*時間や場所の都合により面談不可の方は電話にて初回のアドバイスをさせていただき、その後は通常通りメッセージアプリ等での相談受付となります。

*初回電話の方は−1000円となります。

*交通費がかかる場合はお客様のご負担となります。

 

2. 中期コース (3ヶ月) 12000円

指定日に面談1回のあと3ヶ月間何度でも相談が可能です。

*注意点は1と同じ

 

*長期コースは現在設けておりません。

 

 

 

 ②「お腹いっぱい食べて楽しく痩せる」をコンセプトにしたダイエットのコーチン

巷で行われている精神的にキツイダイエット(カロリー制限や絶食等)は行いません。

ただ痩せるだけでなくお腹いっぱい食べて楽しく痩せる事を目標にしています。さらにこのダイエットはリバウンドもしにくく健康的。運動もその人のライフスタイルに合わせてコーチングさせていただくので無理なく続けられます。

しかしダイエットはダイエット。

ご自身の意志が強く反映されます。

 

1. 短期コース (1ヶ月) 8000円

指定日に面談1回(具体的なアドバイスはここで)のあと電話やメール、メッセージアプリなどで1ヶ月間何度でも相談が可能です。

 

*時間や場所の都合により面談不可の方は電話にて初回のアドバイスをさせていただき、その後は通常通りメッセージアプリ等での相談受付となります。

*初回電話の方は−1000円となります。

*交通費がかかる場合はお客様のご負担となります。

*個別にジムを持っているわけではないので、運動が必要な場合は個人でやっていただくことになります。(そのためのやり方等は指導します)

 

2. 中期コース (3ヶ月) 16000円

指定日に面談1回のあと3ヶ月間何度でも相談が可能です。

*注意点は1と同じ

 

3. 長期コース (6ヶ月) 32000円

 指定日に面談1回からスタートし、経過次第で何度か面談します。

面談後6ヶ月間何度でも相談が可能です。

*注意点は1と同じ

 

 

 ③ヘルシー&ビューティーフードアドバイザー資格を取得するためのコンサル

僕が所有する「ヘルシー&ビューティーフードアドバイザー」の資格を取る事を目的とした方向けのプランです。

僕は独学でこの試験を受け、自己採点9割以上で合格しました。

試験時間が60分ある中、半分しか使わず途中退席もしています。

 

この資格をとるにはコツがいります。

その方法をシェアし、いっしょに合格を目指しましょう!

 

1. 資格取得コース 5000円

面談希望の方は面談可。基本的に試験直前までアドバイスさせていただきます。

 

*原則的に試験前1ヶ月以上ある方を対象としています。

*複数の方をコンサルする場合、ご連絡が遅くなる可能性があります。

もし試験に落ちた場合全額返金させていただきます。

 

 

仕事のご依頼は

メールでtoshirokobori7☆gmail.com (☆を@に変えて)に送信し

どのコースをご希望か・名前等ご記入ください。

面談日や電話日などの詳細をお互いの都合を考えて決めていきましょう。

もしくは

インスタグラム toshiro_kobori からDMでも受け付けています。

 

 

[共通注意事項]

*基本的に前金制となっております。

*お客様の都合で継続が困難になった場合、返金はできません。

*個人情報は他人に公開しませんのでご安心ください。

コーチング等、期間が終了したあとのご質問にはお答えできません。

*コースの延長はその都度行いますのでいきなり半年、1年というプランは現在行っておりません。

*セミナー・スクール・講演等は別途ご相談させていただきますのでお気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

 

仕事依頼はこちらから

メール:toshirokobori7☆gmail.com

                          (☆を@に変えてください)

インスタグラム:toshiro_kobori

 

 

 

 

 

 

お酒を飲むと痩せないって本当なのか?

 

ダイエット中は禁酒???

 

 

f:id:hf-manager:20170719214944j:plain

 

 

お酒大好きダイエッターにとって非常に大きな悩みがあります。

それはお酒を飲むと太る(痩せない)という噂・・・

 

 

お酒好きな人って毎日のように飲むじゃないですか!

僕もそうですがダイエットにおいて一番きついのは

食事制限ではなく禁酒だと思うんです!

 

 

今日もお酒を飲んで後悔しているあなたに向けて書きます。

 

 

 

 

お酒のカロリーを知る

 

f:id:hf-manager:20170719215419g:plain

 

お酒が太る原因というのは正しくもあり間違いでもあります。

 

まずお酒がもっているカロリー。

ビール500ml 200kcal

日本酒1合 193kcal

焼酎1合 260kcal

グラスワイン 73kcal

ウイスキーシングル 71kcal

 

とこんな感じです。(だいたいです)

 

ほとんどの人がお酒を飲むときはこんな量じゃ済まないでしょうから

必然的に摂取カロリーはもっと多くなります。

 

 

しかしお酒が持っているカロリーはエンプティカロリーといい

体内で吸収される前に燃焼されてしまうので体脂肪にはなりにくい特長があります!

 

 

よく飲んだ後、顔が赤くなったり体温があがったりしませんか?

それが燃焼されている合図なんです。

 

 

つまり、そもそもアルコールは太りにくいと考えることができます!

 

 

 

 

 

醸造酒と蒸留酒

 

お酒には大きくわけて2つの作り方がありそれぞれに特長があります。

 

 

ビールや日本酒などの醸造

醸造酒とは穀物や果物を発酵させたもので糖質を多く含んだお酒です。

 

焼酎やウイスキーなどの蒸留酒

蒸留酒とは醸造酒を蒸留して作るため糖質がほとんど含まれません。

 

 

そうです!

つまり蒸留酒なら飲んでもいいんです!!

焼酎やウイスキーを糖質の少ないもので割ったり(ハイボールとか)

ジンやラム、ウォッカなどもOK!!

 

こう考えると少し楽になりませんか?

 

 

 

 

お酒との付き合い方

 

f:id:hf-manager:20170719221104j:plain

 

 

ではお酒とはどうやって付き合っていけばいいのか?

 

 

ダイエット目線で書いてますが

もちろん健康のため飲み過ぎはNG!!

 

しかしお酒はストレス解消や楽しい時間を過ごすにはとても大事なもの。

 

うまく付き合えればあなたの味方にもなってくれます!

以下に注意点を羅列します!!

 

・水といっしょに飲む

・糖質量に気をつける(とくにビールや日本酒、カクテル等)

蒸留酒も割り方に気をつける

・カロリーオフの発泡酒は飲まない(糖質が多いので)

 

これを気をつければお酒は怖がる必要はありません!!

 

 

 

 

 

問題はいっしょに摂るおつまみ

 

お酒は適量なら太りません!

問題はやはりおつまみにあります。

 

そもそもお酒を飲んでいると身体はアルコールを分解することに力を入れてしまいます。

そうしているうちに血糖値のコントロールがうまくいかず必要以上に食べてしまう・・・ということがおこるのです。(〆にラーメンが食べたくなる理論)

 

 

じゃあなにを食べればいいのか?

なんか食べたいですもんね??

 

答えは

炭水化物以外なら基本なんでもOK!笑

 

具体的に

居酒屋なら刺身・イカ・豆腐・海藻サラダ みたいなもの

洋風のお店ならカルパッチョ・ステーキ・きのこソテー など

バーならチーズ・ナッツ・サラミ など

 

 

以外とあるんですよ。食べられるものは。

 

 

 

 

 

 

このようにダイエット界には

「正しくもないけど、間違ってもいない情報」

というのであふれています。

 

 

お酒は太る。と言ってもまあ正しいです。

でも本質をついていないという見方もできますよね?

 

 

僕みたいにお酒が大好きな人にとっては迷惑な話ですよね!

 

 

正しい知識をもって楽しいお酒ライフを送ってください(^^)

ヘルシーフードアドバイザーとしてアドバイスするなら

 

お酒は適量に!笑

 

 

hf-manager.hatenablog.jp

 

 

ノ・ミカタ 30本入箱

ノ・ミカタ 30本入箱

 

 

 

 

 

食材の知識『オクラ』編

 

みんな大好きオクラ編です!!!!

 

 

f:id:hf-manager:20170717211511j:plain

 

 

 

 

なぜ今回オクラをチョイスしたかというと

僕が大好きだからです!

 

 

オクラは野菜の中で一番好きで

ボイルしたオクラに塩や醤油などの調味料をかけただけのものでも十分!

食卓にオクラが並ぶとテンションがあがります!!

 

 

そんなMr.オクラのいいところをご紹介します(^^)

 

 

 

 

1.オクラって?

 

オクラはペクチンなどの粘り気のある食物繊維が豊富でコレステロールを下げる効果があるほか、ビタミン・ミネラル・カリウム・カルシウムなども入っており夏バテ防止整腸作用があります。

まさに夏の野菜って感じですね!(旬は7月〜8月ぐらい)

 

 

アフリカ原産の野菜で力強い生命力も持ち合わせています。

ちなみにオクラは英語です。

 

 

 

 

2.オクラのおいしい食べ方

 

 

スーパーでも簡単に、そして比較的安価に手に入るオクラ。

夏の時期は頻繁に食卓にのぼることになるでしょう!

 

 

ここではオクラのおいしい食べ方?を紹介します!

 

 

まず下処理

オクラの茎の部分にガク(堅いとこ)がありますのでこれを剥きます。

包丁使いが苦手な方は切り落としちゃっても問題ありません。

 

 

オクラは基本的にお湯で茹でてから使います!

大きめの鍋にお湯をわかし、塩をいれます。(ほんのり塩味がするぐらい)

 

 

オクラを入れ1分〜1分30秒ボイル。

 

 

f:id:hf-manager:20170717213224j:plain

*オクラは中に空気がはいっているので浮いてきます。

 蓋があればかぶせましょう。(なくてもいいですけどね)

 

 

キッチンペーパーなどで水気をきって準備完了!!

 

 

鰹節と醤油をかけてできあがり!!笑

 

 

正直これ以上にオクラを美味しく食べる方法はありません・・・

鰹節と醤油に含まれる旨味成分も手伝っておかずとしてはもちろん、お酒のつまみにもなる万能なやつ!!

 

ぜひ!!

 

 

終わり!!!

 

 

 

 

ダイエットに重要な『G.I値』とは?

 

G.I値を意識すれば糖質も怖くない!!

 

 

 

f:id:hf-manager:20170716185618j:plain

 

 

 

G.I値という言葉。

ダイエットすることが日常になっている今では聞いた事がある人も多いと思います。

 

 

G.I値とはグリセミック・インデックスの略で、簡単にいうと

「摂取した食品が体内で糖に変化したときに上がる血糖値の上昇スピード」

のことです。

 

 

ブドウ糖を摂取したときの値を100として

各食品に数値があります。

 

 

他の記事でも書いているとおり

ダイエットにおいて血糖値があがるとインスリンが分泌され、結果太る。

という流れがあります。(少しはしょりましたが)

 

 

だから血糖値をあげないようにダイエット中は糖質(血糖値をあげる原因になる栄養素)をとらないようにするんです!

しかし同じ糖質といってもさまざまで、血糖値があがるスピードによっていい糖質と悪い糖質( 身体にという意味ではありません)があります。

 

 

高G.I食品は血糖値を一気にあげるのでインスリンが急速に働き一気に血糖値がさがります。

そうなると脳はまた糖質を欲します。

さっきお腹いっぱい食べたはずなのに・・・

 

 

このせいでまた糖質を欲し、食べ、インスリンを分泌する・・・

 

この悪循環にはまるともう太る一方!

気付いたら肥満体型の仲間入りです・・・

 

 

 

 

 

低G.I値の食品を摂取しよう!

 

 

f:id:hf-manager:20170716194338j:plain

 

 

炭水化物(糖質)が食べたい・・・

その気持ちは痛いほどわかります!!

でもダメなんです!!

糖質はダイエット中、あなたにとって一番の敵!!

控えましょう・・・(泣きながら書いてます)

 

 

じゃあどうすればいいんだ?

そこで注目するのが低G.I食品です。

 

 

糖質であることには変わりありませんが、血糖値の上昇が緩やかなのでダイエット中にどうしても食べたくなったらこいつらを食べてください!

 

 

 

炭水化物

・玄米

ライ麦パン

・全粒粉のパスタやパン

・そば

・春雨 など

 

野菜類

・きのこ類

・キャベツ

・ピーマン

・茄子

・きゅうり

・ほうれん草 など

 

果物類

・アボカド

・いちご

・グレープフルーツ

・オレンジ

りんご など

 

肉類・魚介類

・基本なんでもOK!!

 

その他

ヨーグルト・卵・枝豆・ナッツ類・豆腐・あさり・イカ・マグロなど

 

 

 

 

僕も普段はこのあたりの食材を中心に使って食事を作っています。

 

でも大切なのはバランス。

僕は週に1回は寿司やピザなど太るであろう料理もたべてますし、飲み会に参加しておつまみを食べたり、お菓子をたべっちゃったり・・・

 

 

低糖質ダイエットはツライです。

長く続けるには息抜きも大切だということを覚えておいてください(^^)

 

 

 

 

そして低G.I値の食品は必ずしも太らないというわけではないことも忘れないでください!

確かにダイエット向きの食材です。

でもそれを過信しすぎて大量に摂取しては意味がありません。

 

なにごともバランス!

身体にいい食品はありません。

あるのは身体にいい食事。

 

 

 

これを意識してダイエットに励んでください(^^)

 

hf-manager.hatenablog.jp

 

 

ライザップ糖質量ハンドブック

ライザップ糖質量ハンドブック